Policy Insight No.3

EU域内排出量取引制度の現状と展望 EU Emissions Trading System (EU-ETS) and Higher Ambitions ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,欧州気候変動政策において中心的な役割を担ってきた欧州域内排出量取引制度を取り上げます.欧州全体で加速化する気候変動対策の流れを踏まえ,現在欧州委員会はEU-ETSの改定法案を起案中です.そこで本稿は,EU-ETSの歴史的変遷を振り返るとともに,現在の政策的な動きについて考察します. 1)パイロット・プロジェクト的に2005年に立ち上げられた本制度は,度重なる改定を経て現在フェーズ4に突入している. 2)フェーズを重ねるごとに制度が大幅に改善されてきており,欧州におけるGHG排出削減に大きく貢献,2005年から2019年にかけて対象セクターの約35%のGHG排出削減をもたらしている. 3)2030年迄に2005年比で40%減という現行目標から更に高い目標設定を睨むとともに,これまでEU-ETSの対象とならずに温室効果ガスの排出が著しい海運部門や道路交通部門,建物部門への規制拡大等も併せて検討されており,また,別途議論の進む炭素国境調整メカニズムともリンクしており,規制動向を注視していく必要がある. Summary This short article discusses the EU’s Emissions Trading System (EU-ETS) that has been playing a key role in reducing the GHG emissions from energy intensive sectors in Europe. The European Commission is currently revising the system in the contextContinue reading “Policy Insight No.3”

Create your website with WordPress.com
Get started